日常生活の騒音

騒音の種類にはどういうものがあるか

騒音の種類には様々あります。マンションやアパートで最も多い問題が子供の騒音とされています。部屋の中を走り回ったり飛び跳ねたり、ケンカや泣き声などです。また、近頃のペットブームによってペットを飼う人は増え続けています。それに伴って、動物の無駄吠えも問題になっているのです。動物を飼育する者の責任として人に迷惑を及ぼすことの無いように努めなければならないといった内容のことが決まっています。また、隣の住人の話し声が聞こえることや、台所で食器などを洗う音が聞こえるといった生活音の騒音があります。これは建物の構造に防音性が無いからなのです。 そもそも自分が騒音を発していると分かっていない場合も多いので、自覚することから騒音対策が始まります。

自分たちでできる騒音対策とは

引っ越したばかりで騒音問題にぶつかった人は、すぐにまたどこかに引っ越しをするというわけにはいきません。ですので、できる限りトラブルにならないような騒音対策をとりましょう。自分なりに気を付けているつもりでも意外と音は響きやすいものです。 短い時間や少し耳障りな程度の騒音であれば、耳栓などのグッズで騒音対策をしましょう。手軽で効果的な対策方法です。そして、家具の配置を変えてみて下さい。壁側に棚やタンスを置くことで騒音対策になります。また、遮音カーテンや防音カーテンは騒音を少し緩和してくれます。 我慢できない場合は、管理会社や大屋さんに連絡しましょう。一般的には誰からとは言わずに、電話や手紙で注意をしてもらえます。